スーパーフードの種類:アサイー

 

スーパーフードとは、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が突出して高い食品である食べ物のことを指します。また、一般的な食品とサプリメントの中間にあるような存在であり、料理の材料としての用途と健康食品としての用途をあわせもつとされています。それらの食べ物は低カロリーで、メディカルハーブの要素を兼ね備えた自然食品といえます。1980年代頃から、アメリカやカナダでスーパーフードという言葉が使われ始め、徐々に広がりをみせ、近年では日本でもブームになっています。
スーパーフードといわれる食べ物は10種類ほどありますが、その中のひとつがアサイーです。アサイーはブラジルにあるヤシ科の植物で、黒いブルーベリーのような見た目をしています。抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富で、その含有量はブルーベリーの8倍とされています。また、鉄分、食物繊維、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富に含んでいます。クセがなく食べやすいのが特徴です。最近ではハワイのアサイーボールが有名ですが、そのようにヨーグルトと混ぜたり、スムージーやデザートなどにピッタリの食べ物です。スーパーフードは毎日摂り続けることが大切ですが、これなら続けられそうです。

  • 2016/05/06 13:08:06